ビリー・ホリディ物語 LADY SINGS THE BLUES (1972)  2:24:00
ビリー・ホリディの自伝にもとづき、モータウンの社長ベリー・ゴーディが、当時同社の看板だったダイアナ・ロスに主演させた、歌と愛に生き、麻薬に溺れた天才ジャズ歌手の半生記。15歳で強姦され、一時は売春婦もしたあとクラブで歌って成功するが、若い頃よりの麻薬中毒から抜けきれず、刑務所送りや治療施設での生活も余儀なくされるビリー。ロスは予想よりずっと繊細に彼女の脆い人間性を表現しているが、いかんせん歌声が似ても似つかず、あの深み、渋み、麻薬に声を潰されてからでも溢れていた生命力を感じられないことが惜しいところだ。最後は、非業の死まで描かず、顔役の夫(B・D・ウィリアムズ)の尽力でカーネギー・ホールでの公演が成功する所迄である。
Lady Sings The Blues Part 1
Lady Sings The Blues Part 2
Lady Sings The Blues Part 3
Lady Sings The Blues Part 4
Lady Sings The Blues Part 5
Lady Sings The Blues Part 6
Lady Sings The Blues Part 7
Lady Sings The Blues Part 8
Lady Sings The Blues Part 9
Lady Sings The Blues Part 10
Lady Sings The Blues Part 11
Lady Sings The Blues Part 12
Lady Sings The Blues Part 13
Lady Sings The Blues Part 14


Billy Holiday, Lady Sings the Blues
inserted by FC2 system