アフリカの女王 (1951)  1:40:34
ドイツ領の東アフリカで、兄を亡くした敬虔な女性宣教師ローズは、呑んだくれの船長チャーリーを雇い、彼のオンボロ蒸気船 「アフリカの女王」 に乗って、沿岸一帯を支配するドイツ軍の砲艦を撃沈する為に河を下って行く。はじめはいがみ合っていたものの、二人は様々なトラブルに遭遇しながら絆を深めて、力を合わせて砲艦に立ち向かう。アフリカを舞台に凸凹カップルの冒険を痛快に描くアクション、ロマンス、ユーモアが巧みにブレンドされたアドベンチャー映画の傑作。ヒューストンの骨太な演出、酔いどれ船長に扮するハンフリー・ボガードと勝気な女性を好演したキャサリン・ヘプバーンの息の合ったコンビぶりも見所の一つ。原作は 「提督ホーンブロワー」 シリーズで有名なC・S・フォレスターが1935年に発表した同名小説。シリアスな物語にコメディの要素が加えられ見事な冒険活劇映画として完成した。

inserted by FC2 system